東京弁当 旨し!

この記事は約2分で読めます。

6月11日(月)

沼津の実家に帰っております。
両親は兄と一緒に住んでんだけど、兄はたまに長期のダイビング旅行で家を空けるので、その際に、「ヘルパーさん」として呼ばれますw。

東京から帰るときは、小田急のあさぎりかJRの東海道線を使っているんだが、3月のダイヤ改正で、あさぎりの沼津までの便がなくなってしまったので、 今回はJRで。
快速アクティーの熱海行き。グリーン車を使いますよ。

グリーン車はダブルデッカーの席には網棚がないのがたまに瑕だけど、 たった950円のプラスでゆったりとくつろいで目的地まで行けるから好き。平日昼から飲んだくれながらほげほげできるし。

ということで今日のお供は、東京弁当。NRE大増謹製の高級弁当。なんたって1,600円!高っ!
以前、タモリ倶楽部でNRE大増の会社訪問をやってて、味にこだわっているのは知っていたけど、いやあ旨かった。

東京弁当
東京弁当

浅草今半の牛肉タケノコ、人形町魚久のキングサーモン粕漬け、築地青木の玉子焼き。そしてさりげなく、日本ばし大増の野菜のうま煮も入れてる。
日本ばし大増は明治に創業した料理屋で、平成15年に日本レストラン調理センターと合併してNRE大増になったってわけ。
昨年正月のブラタモリ総集編の中で紹介された、明治の浅草仲見世の彩色絵葉書に描かれた「大増」もきっとこの店だと思う。日本レストラン調理センターは元をたどると、懐かしき食堂車で有名な、日本食堂だよ。

粕漬けが秀逸だったけど、契約農家のあきたこまちのご飯も、冷えてるけど、お米の甘さが際立ってておいしかったー。
あ、もちろんワンカップ大関をちびりちびりしながらですわよ。

1時半に東京を出て、4時に実家着。
5時に風呂入って、5時半には父と晩酌しながらの夕食。
マッサージチェアでモミモミされつつ家族に乾杯を観るという、まあとってもだらけたヘルパーですことw。

タイトルとURLをコピーしました