当サイト運営者のプロフィール

この記事は約4分で読めます。
名前けいすけ
性別
年齢昭和39(1964)年生まれ
スペック178cm×75.1kg(2020/05/01現在体脂肪率16.5%)
仕事体裁は個人事業主。
でもそれだけでは生きてはいけないので他にいろいろと。
居住地東京都江東区
家族独身。
交際20目のパートナーがいます。

今に至るまでの道のりを簡単に

昭和39(1964)年、神奈川県茅ケ崎市にて三人兄弟の末っ子として誕生。長女は11歳、長男とは8歳違いの恥かきっ子。

幼稚園入園前に、父の転勤により静岡県沼津市へ。出世欲のない真面目実直な父、戦後すぐ看護婦となった母。上の兄弟が年が離れているためか、大事に大事に育てられ、日本大学三島高校在学中に特待生となり将来を有望視されましたが、大学進学で上京し一人暮らしを始めてからその将来に暗雲が立ち込めだします。

大学ではすぐに日本古代史を学びたかったのですが、「一般教育課程」というお勉強に疑問を持ち、授業には出ず、サークル「古代史同人倶楽部」の活動に没頭。当たり前だが単位は落としまくりで卒業絶望。ただ座って授業を受けることが苦痛となり、中退とあいなりました。

独立してはみたものの、、、

当然就職活動などしておらず、在学中からの新宿歌舞伎町のカプセルホテル「グリーンプラザ新宿」でのアルバイトに接客業の面白さを見いだします。と聞こえはいいが、男性サウナ部門で仕事していたので、男の裸見放題。こりゃええわと、中退後に即就職。しかしながら配属は、女性専用サウナ部門(笑)。

女相手の仕事に嫌気がさしたわけではないですが、その後、東京YMCA国際ホテル専門学校に進学。高卒で入学してきた男の子たちを、弟を見るような目で、楽しく勉学にいそしみました。

2年時の夏、蓼科高原でのホテル実地研修時に、次年春に開業する系列のホテルの支配人に出会い、就職活動することなく、平成元(1989)年、東急ハーヴェストクラブ勝浦フロントクラークに。

その後、デザイン会社、製版会社、旅行パンフレット制作会社編集者、広告代理店でのWeb広告、デザイナー、ディレクターを経験。平成21(2009)年、Webクリエイターとして独立しました。

独立したはいいけれど、前年のリーマン・ショックからの不景気機運はなかなかにしぶとく、なんとか復調の兆しが見えてきたところに、東日本大震災。

デフレモードが続くの中、本業だけではどうにもならなくなって、警備員の副業開始。さらに20年ぶりにホテルマンのアルバイトもはじめます。実入りは悪いが、こういったシフト制の仕事は自分の時間は確保しやすいので、副業としては向いているといえます。

”ホームページ”を作りたくて買ったパソコン

はじめはそれこそ業務基幹システムです。ホテル勤務時だったと思います。事務所あったコンピューターでアシストカルク(表計算)などをいじっていました。

デザイン会社では、Machintosh LCⅡ。今思えばこんな非力のコンピューターでよくぞDTP作業をしていたものです。QuarkXPressでソフマップのカタログを作っていたんですよ。

初めて自分で買ったのは、富士通のFMV5100NC/S。”ホームページ”を作りたくなったからです。

富士通FMV5100NC/S

●Pentium(R)プロセッサ(100MHz) ●640×480ドット ●7.2型DSTNカラー液晶
●標準メモリ16MB(最大48MB) ●810MBハードディスク ●28.8KbpsFAXモデム
●外付FDD添付 ●コネクタボックス添付

25万円くらいしたんじゃないかな。よくこんなスペックで作っていましたよね、”ホームページ”。

僕の人生、「お気楽極楽」

はっきり言って、僕、自由に生き過ぎていると思います。結婚して子どもをもって、人生に責任感を感じてきていない、お気楽人です。年を言うとほとんどの人が、「若い!」と言います。嬉しいですよ。同年代の人たちとは見た目に違うことが、とても自慢です。でもそれでいいのでしょうか。いや、いいんです。いいんです。人生一度きりですし。これからも(しばらくは)「お気楽極楽」でまいります。

まだまだ若い子なんかに負けないぞ!!

今宵はここまでに致しとうございまする。



タイトルとURLをコピーしました