1カ月の食事制限で果たして体脂肪率は落ちてきたのか

この記事は約3分で読めます。

緊急事態宣言が出てからジムに行けなくなって1カ月。これを機会に、体脂肪率を15%を下回るように食事制限だけで可能かを実践中です。

さてどうなっているでしょうか。

週ごとの平均値を出してみた結果は?

正しい体脂肪率を出すには、体組成計から得るのではなく、首周りと腹周りから算出する、アメリカ海軍式計測法を採用しています。

週平均 体重 体脂肪率 除脂肪体重
4/1-7 76.6 17.7 63.1
4/8-14 75.5 17.8 62.1
4/15-21 75.4 17.5 62.3
4/22-28 75.3 16.5 62.9
4/29-5/5 75.2 16.0 63.2
5/6-12 74.9 15.6 63.2

順調です!!我ながら素晴らしい!!!

体脂肪率を落とすのに効果があったと思われる要素とは

食事の基本は糖質を制限しつつ脂質も十分摂るという、ケトジェニックダイエットです。

体脂肪率を落とすのに僕なりに効果があったと思われる要素としては、以下の食材、サプリのお陰ではないかと考えています。

MCTオイル

消化吸収が早くエネルギー化も早い中鎖中性脂肪酸の代表格、MCTオイル。

僕の場合は午前中に小さじ2杯(10g)をコーヒーに入れて飲んでいます。適宜、食事時のブロッコリーなどにかけて。熱を加えると煙ばっかり出るので、基本はそのままで。

併せて、長鎖中性脂肪酸の代表であるオリーブオイルは、消化エネルギー化がMCTオイルに比べて遅いので、卵焼きや肉炒めなど調理用として使っています。

僕は仙台勝山館のMCTオイルをまとめ買いしています。

アボカド

森のバターと言われるアボカド。

スーパーで1個100円程度で売られている、ちょっと小ぶりなものでも20gほどの脂肪があります。脂肪酸はオレイン酸でビタミンEたんぱく質も含んだスーパーフード。

僕はハイボールでの晩酌のお供に。しょう油をかけるとほんと酒が進みます。(笑)

αリポ酸

糖質制限といってもやっぱりそれなりには摂ってしまいます。昼食にお蕎麦食べたいし、LAWSONのロカボのパンとか。炭水化物は心に幸福を与えてくれますから。

そこでαリポ酸の出番です。

マッスルレジェンド山本義徳氏は、著書「ダイエット -実践編- 山本義徳業績集」の中で、自然界に存在するR体のみで構成された「Rリポ酸」の方を強くお勧めになっています。

しかしまだそれなりに高価で、多くは海外の販売サイトからの輸入のため、このご時世でいつ届くか不安なので、僕はとりあえず、αリポ酸を摂っています。

太りにくくするインスリン感受性を高めて、一方で食欲を抑え、しかも抗酸化作用もあるというリポ酸は、やや”免罪符”的に飲むと効果があるようです。(笑)

山本先生は、αリポ酸なら1日に900㎎の摂取をと仰っているので、お徳用サイズを買っております。

最後に

東京都における営業自粛解除は、今月5月いっぱいはありそうにありません。

もうしばらくはケトジェニックダイエットを進めて、どうにか今月末には15%を切って、筋肥大するべくトレーニングに頑張りたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またこの記事が役に立った方はぜひフォローをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました