お見舞いに行って感心しました

この記事は約3分で読めます。

6月21日(木)

友人のお見舞いに行ってきました。

肉親以外のお見舞いなんていつ振りだろう。
だいたいが、
「入院してたのー」
と事後報告の人の方が多くて。

暇で仕方ない、というので、本を持っていきました。
マンガでもよかったのかもしれないけど、まったく詳しくないのでやめにして、ウチにある、ちょっと趣味のいいものをお貸しするということで。
それだけではアレなので、甘いものなんぞも。
これまた、僕はスイーツに興味がないので悩んだけど、僕も食べたかったんで、東京風月堂のゴーフレットです。

まずは、お見舞い受付帳への記入。
こっちの人って、結構本名を知らないで繋がってる人って多いと思うから、こういう場面で焦るかもしれないわね。
知っててよかったわ。

さて病棟へ行ったんだけど、病室の番号は教えてもらっていたんで行けたけど、名前のプレートが部屋番号のとこにかかっていない。ほかの部屋もそう。
ちょっと焦る。本当にこの部屋かしら、と。

中をのぞくと、見慣れない感じ。
病室って、大部屋だったら、ベッドを左右の壁にヘッドをつけるようにして 並んでるものでしょ、普通。
で、消灯時間以外なら、個々を仕切るカーテンは開けてるから、入っていけば相手がどのベッドにいるかわかるじゃない?
ところがここの病院、4人部屋だったんだけど、扇状に各ベッドが配置されてて、かつ、みなさんカーテンを閉めたままなの。
「どこよどこ?」
な状態。
それぞれに表札が出ているわけじゃないし、ノックするわけにもいかない。正直、困りました。

「○○~」
と部屋の真ん中で囁いてみると、か弱い声で返事があったので、カーテンをちらりと開けると、そこに彼はいた。よかった。辿りつけた(笑)。
ところが、ベッドでの安静が必要、と聞いていたから、まああまり動き回らずに大人しくしてなさい、程度なのかと思ったら、文字通り、ベッドでじっとしていること、なんだそうな。重傷なんじゃん。
怪我の詳細を聞いたら、納得。動いちゃいけません。

2時間くらい、ゴーフレット食べながらおしゃべりして、暇をつぶしてあげました。Twitterでは、いつもと変わらない勢いで呟いていたけど、実際に会ってみたら、まあ、 動きが取れないげっ歯目状態(笑)。笑っちゃいけませんね。この先2週間くらいは、すべてをこのベッドの上でしなきゃならないんですから。

ところで、途中でトイレに立ったんだけど、病室出て探しても、ないの。
ナースステーションで聞いたら、
「病室の入り口にありますよー」
へー、最近の病院は、病室ごとにトイレがあるのね。驚いたわ。
戻ってみると、「トイレ」とも書いていないドアを開けると、まあ広い。こりゃよからぬこともできちゃうわ、とひとりニマニマしてたのは内緒です(笑)。

それぞれのベッド回りも広々としているし、病院も進化してるのねー、と感心したお見舞いでした。

早く良くなってなあ。

今日行った病院ではないけど、見取り図はこんな感じでした。
病室見取り図
出典: 昭和大学横浜市北部病院

コメント

  1. ひろべぇ より:

    扇状ってめずらしいですねー。ベット周りは機能的で便利ですね。僕が入院した時も改装したてでトイレが入り口にありましたねぇ。
    整形外科なら楽しそうですけど内科だったのでお年な方ばかりで。。。まぁそんな元気もなかったんですけど。

  2. けいすけ より:

    >ひろべぇ
    やっぱりまだ扇状のは目新しいんですかね
    プライバシーと機能性は保たれそうですけど、カーテンを閉めたくなる雰囲気になってしまうのが、なんか残念な印象でした
    大部屋って向こう三軒両隣な付き合いが生まれて、「頂き物のお菓子ですけどー」みたいなのが、孤独を解消できて気が滅入るようなことがない気がするんですけどね

    もうすっかり体調はいいんですか?

タイトルとURLをコピーしました