シロカの電気圧力鍋の本領はゆで卵作りかも

この記事は約2分で読めます。

毎度母親ネタで申し訳ありません。

母がシロカの電気圧力鍋を送ってくれました。よくわかりませんがなぜか実家には、他社の含めて、電気圧力鍋が4つもあって、その上シロカは2台ありました。

先月大型冷蔵庫が我が家に来てから、買い物をよくするようになり、せっかく電気圧力鍋があるのだからと、手始めにイワシの煮付けを作ってみました。

スーパーで処理済みのものを買い、レシピ本通りにやってみること10分もしないで出来上がり。材料入れてスイッチ入れて、ホントに何もせず、火加減も気にすることなく出来てしまったことにえらく感動しました。

二日後は肉じゃが。これもまたいと簡単に。

「作り置き」という概念は以前の私にはなかったんですが、この子のおかげで3日分くらいはそうやって楽しんでいます。

シロカはデザインもシンプルで”お釜”みたいでかわいい。スイッチ操作が単純なのもいい。メインのおかずを作ってもいいし、晩酌時のアテの常備菜なんかもいいかも。

でも大食いの二人暮らしとか家族家庭だと小さいと思うので4Lものをどうぞ。

そして、ゆで卵作るのに最適。圧力時間はなんと30秒!!!殻剥きもスルっとできちゃう出來で、本当に便利で重宝です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました