たこの吸出しってご存知?

この記事は約2分で読めます。

「たこの吸出し」ってくすりご存知でしょうか。
ぼくも名前こそは知ってましたが、実物を見たことも使ったこともありませんでした。

正しい名前は、「吸出し青膏」というらしく、「たこの吸出し」は”一名”(いちめい)だそうなんです。
製品の詳細は、 伝統薬ロングセラー物語 たこの吸出しに詳しいので省くけど、要は、「有効成分中に含まれている成分の作用により、はれものの口を開き、膿を排泄して患部を治す」くすり。関東大震災前からあるんですね。

先日、とあるところにちょっとしたしこりを感じて見てみたら、小豆大くらいにぷくっと皮膚が盛り上がってて、周囲をつまんでみたらこりこりしてて鈍痛がしたのね。
「こりゃ化膿してるわ」
ということで、ネットで調べてみたら、抗生物質を含んだ様々な軟膏があった中で、この「たこの吸出し」が目に留まり。
「ネタにもなるから買ってみよう」
と思い、探しに買いに行くのも面倒だったのでネット注文し、翌日届きました。

真岡鉄道のような柄の箱を開けると、緑色の直径5センチほどのプラスティックの容器。開けてみてびっくり。まっ緑の軟膏!こんな色のなんか見たことない。
緑って欧米では、不気味さを表現するためによく使われる色なんだけど、日本人の僕が見ても、
「不気味~~」
説明書きを読んでから、付属のちっこいヘラでガーゼに盛るようにつけて、患部に貼って紙テープで固定して様子をみることにしました。

朝起きてガーゼをはがしてみたら、あーら、不思議。腫れてたところがぺったんこ。ガーゼの方にはやや黄色い膿みたいのがついてました。
なるほど、吸い出したのね膿を、な感じ。
「治ったわ。やるわね」

腫れが取れたのでそれっきりにしていたんだけど、膿の根がまだ残っていたみたいで、3日後に再発しちゃって、再度治療。腫れがなくなっても 2~3回くらいは繰り返した方がいいみたいですわ。

コメント

  1. もょもと もっち より:

    たこの吸出し使ったら体重が減ったのですがどういうことでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました