【トレーニー必見】サバの水煮缶があっという間にしめ鯖に。おつまみにおかずにおススメ

この記事は約2分で読めます。

こんにちは けいすけ@dangdangfields)です。

新型コロナウィルス緊急事態宣言により、ジムでの筋トレができないでいるトレーニーの皆さん。中でもGな皆さんは、薄着になる季節に向けて、下心全開で励んでいたのに困っていますよね。筋肉維持のための食習慣にも気を遣っていることでしょう。

さて、今日のお題は、『サバの水煮缶』です。パカッて開けてささっと食べられますが、まあ、正直、”飽きる!”。そこで、ちょっとしたアレンジレシピをご紹介します。

サバの水煮缶は増量期にも減量期にも必須です

サバの水煮缶は増量期にも減量期にも必須

主に増量期に食するトレーニー必須のアイテムですが、僕が実践中のケトジェニックダイエットでは、脂質を大量に摂取する必要があるので、サバ缶に含まれる良質なオメガ3脂肪酸(EPA・DHA)は絶好の食材なのです。

もちろん豊富なたんぱく質も摂取できるので、買い物するたびに買ってストックしております。

お酢に浸すだけ!あっという間にしめ鯖の作り方

用意するもの
  • サバの水煮缶詰 1個
  • 酢 適当
作り方
  1. サバの缶詰の汁けをきり、缶に身を入れたまま缶汁と同じくらいの分量の酢を注ぎ入れる。
    • 身が隠れるくらい、ひたひたになるくらいに。
  2. ラップをしてそのままおく。
    • 冷蔵庫に入れてもイイかも。
  3. 15分経ったら完成。
  4. 汁けをきって器に盛り、わさびじょうゆにつけたり、かぼすやレモンなんかを絞ってからしょうゆにつけて食べる。

以上です。(笑)

まとめ

僕は酒飲みでありますので、これは晩酌のおつまみにぴったりでした。

使うお酢は穀物酢でいいとおもいますが、米酢を使うともう少しまろやかな味わいになるかと思います。

地元のゴールドジムも臨時休館となり、少なくてもあと1カ月は行けませんが、この際実験として、筋トレしないで食事制限だけでどう体が変わるのか、試しているところでもある僕であります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました